お金を借りる 学生

MENU

お金を借りるには、どの業者がいいんでしょうか?

このページでは、お金を借りる方法について色々と紹介していますが、どういう業者を選ぶのが正解なのでしょうか?

 

急いでいる方は、まずはネットから借入可能か診断してみることをおすすめします。

 

カードローン選びの参考として、是非利用してみてください。

 

アコム

アコムの特徴

★最短で30分の審査回答で、最短1時間での融資も可能です。

★土日祝でも審査がオッケーです。

★初めての方に限り、最大で30日間金利が0円です。

★安定した収入があれば、主婦やパート・学生でもOKです。

★派遣社員や自営業・農業の方でもご利用OKです。

★楽天銀行の口座を持っていれば、24時間365日振込OK!です。

★条件が合えば、担保・保証人不要です。

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 1万円〜800万円
評価 評価5
アコムの総評

アコムは、老舗の信用とスピード力で、今スグの融資のニーズに応えるカードローンです。はじめての方でも30日間無利息なので安心して借り入れできます。3秒診断での借り入れ診断が便利です。

 

プロミスの特徴

★はじめての方は、初回の利用の翌日から30日間金利ゼロです。契約日からの換算でないので無利息期間が失効することがないのでとてもお得です。
(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

★最短で1時間での融資もOKです。

★三井住友銀行orジャパンネット銀行の口座をお持ちの場合、土日祝でも24時間最短10秒で振込可能の瞬フリサービスが好評です。
(手数料も無料)

★条件が合えば、50万円まで収入証明不要です。

★紛失の心配のないカードレス※で契約することもできます。
(※プロミスはカードありか、カードなしかを選べます。)

★女性が担当するレディースプロミス窓口も好評です。
(男性の方でもOK)→こちら

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 500万円
評価 評価5
プロミスの総評

プロミスは「今すぐ」にこだわった人気のカードローンです。急ぐのであれば午前中に申込むのがベストですが、ネットで申込だけ済まして、最寄りの自動契約機に駆け込めば、当日中にすぐに借りる事も出来ます。緊急時の対応もスピーディーだから頼りになります。

 

即日でお金借りるための方法とは?

 

当サイトにご訪問ありがとうございます。

 

 

給料日前なのに生活費や小遣いが足りない!とか、キャッシングの支払いに間に合わない、友人達との急な飲み会が入った、など、即日にお金を借りる必要に迫られた経験ってありませんか?

 

どんなに真面目な生活を心がけていても急な怪我や病気、まして事故などは防げるものではありません。そんな時に即日でお金借りる方法を知っていると非常に安心です。

 

友人などから借りることもあるかもしれませんが、人間関係にひびが入ることも覚悟しなければなりません。やはり、銀行や消費者金融などのカードローンやキャッシングを使って借りるのが一般的でしょう。

 

特に消費者金融は審査が早く、昔と違って金利も低めに抑えられているので利用しやすくなっています。間違っても、闇金など違法業者で借りるのは避けた方がいいでしょう。

 

当サイトでは、即日でお金借りる為にはどうするべきか?その方法や業者の選び方からお金借りるときの言い訳まで、即日でお金借りるのに必要な方に役立つよう解説しました。

 

おすすめの消費者金融ランキングも紹介しています。

 

どうか当サイトをご利用になり、最短でお金借りることができるよう願っています。

 

お金借りるとき即日で対応してくれる場合ってあるんでしょうか?

カードやキャッシングの支払や急な出費が重なり、どうしても即日にお金借りる必要になった経験はありませんか?友人や両親からお金借りるのも気が引けるし、どうしたものかと頭を悩ませることがあります。

 

銀行などの金融機関からカードローンやキャッシングを利用してお金借りるにしても審査に時間がかかったりして、とても即日で対応なんてしてくれないのではないかと思っていました。

 

ましてや私の場合、住んでいるところは超がつくほどの田舎なんです。書類を送って返信がきて、ようやくお金借りられるようになる頃には時すでに遅しといった事になるのではないかと思い込み、考えもしない時期がありました。

 

ある日、ダメ元で「即日対応します」と書かれた金融会社にネットで申込みをしてみたところ、30分ほどで審査が終わり、数時間後に職場の電話確認を終えるとあっさりその日に希望の金額を振り込んでもらい借りることができたのです。

 

しかしそうは言っても、即日対応してもらうにはやはり、いくつかの条件が必要です。それは【金額があまり大きくないこと】と【土日祝日ではないこと】そして【申込みが午前中であること】です。

 

また銀行系のカードローンなら、すでにその銀行の口座を持っていれば、さらに即日で振り込みしてもらえる確率が高いです。

 

お金借りる方法にはどのようなやり方がありますか?


お金借りる方法としては、銀行や消費者金融といった業者が提供しているカードローン、キャッシングを利用するのが一般的ですが、いずれの場合もお金借りるという信用にかかわることであるため、審査を受ける必要があります。

 

また、キャッシングは少額しか借りれないので、ある程度の額が必要な場合はカードローンのほうが適しています。

 

銀行のカードローンは審査の手続きに時間が掛かるのがデメリットで、また、金利の低いカードローンの場合には高い信用力が求められます。

 

手軽にお金借りる方法としては銀行よりも消費者金融のカードローンが審査もはやく、即日で借りることが可能なところが便利です。

 

またアルバイトやパートといった職業形態でも安定した収入があればお金借りることが可能です。ただし、消費者金融の場合には金利が高めに設定されているため注意が必要です。

 

これらのお金借りる方法では、窓口やローン申込機、インターネットや電話などでも手続きを開始することができます。

 

個人情報や職業などの必要事項を記入するだけで良く、後は身分を証明する書類を添付するだけで審査が開始されます。また、場合によっては所得証明書の提出が求められるケースもあります。

 

審査に通過すれば融資枠が設定されカードローンの枠内から借りることができます。

 

お金借りるのに銀行以外では融資してもらえるところはありますか?


お金借りるなら銀行で借りるのが一般的ですが、銀行は何のために使うお金であるかとか、返済はどうするのかとか細かい情報が必要ですし、審査が厳しく多々面倒なところがあります。

 

そこで銀行以外でお金借りることができるところはないのでしょうか。もちろん色々ありますよね。たとえばローン会社です。

 

自動車ローンなどは一般的にローン会社で借ります。この場合、自動車に所有権を付けて担保とするため、審査が通りやすく誰でも年収をあまり気にしないで申し込めますし、いわゆる総量規制の対象外でもあります。

 

また、すでに手持ちのクレジットカードがあるならキャッシング機能を利用してもいいでしょう。

 

それ以外に使い道を特定しないお金が必要なら、消費者金融などが発行するカードローンがあります。

 

カードローンはいわゆる総量規制の対象で年収に応じてお金借りる金額の上限が決まっています。

 

年収の3分の1まで借りることができるので、例えば、年収が450万円だったら、150万円までは借入することができるということですね。

 

どういう業者がよいでしょうか?


お金借りるならその借入先である業者は大変重要です。誰でも借りるなら安心した業者から借りたいと思うものです。

 

実際に店舗へ行ってみるとその業者の雰囲気がよくわかります。最近は店舗にいかなくてもネットから申請や借入ができますが、初めての際は出来るだけ店舗に行ってみると良いでしょう。

 

確かに大手の銀行はとても信頼できますが、厳しい審査というイメージがついて回ります。消費者金融で借りるなら、知名度がある大手の消費者金融が信頼できます。

 

審査というと緊張しますが、今はその時間も早く1時間程度ですむことが多いです。その審査の間に店内や店員の様子を確認するとより安心感が増します。

 

明るい照明で床なども清潔か、対応は丁寧かなど、自身の目で確認しておきます。ここで注意したいのが、審査もなくすぐに簡単に貸してくれる業者は闇金の可能性が高いということです。

 

今は銀行だけでなく、大中小の消費者金融でも審査は必ずあります。その審査内容がしっかりしていることも、信頼できる証となります。

 

お金借りるには無職ではまずいでしょうか?


無職でお金借りることが出来るでしょうか。普通に働いて毎月の給料をもらっていれば、お金が足りないという方はお金を使いすぎないように節制すればいずれ解決すると思います。

 

しかし、リストラや倒産などにより無職になり収入が得られなくなった場合には、次の就職が決まり収入を得るまで、生活費が不足し借りる事も検討しなければならないのです。

 

でも、無職なのにカードローンやキャッシングでお金を貸してくれるところはあるのでしょうか。過去に延滞や未払いといった事故がなければ、借りることができる消費者金融もあるかもしれません。

 

まずは次の就職先を決める事が先決です。返済出来るあてがないのにカードローンやキャッシングなどで借りることを続けていれば、いつかは破たんすることが目に見えています。

 

最悪、自己破産なんて事にもなりかねません。ましてや借りたお金でギャンブルをして増やそうなどといった思いつきは、どう考えても危険ですのでやめましょう。

 

無職のうちにお金を借りるのは次の収入までのつなぎとして借り、就職したら全額返済するように心がけましょう。

 

学生でも大丈夫ですか?


学生でもお金借りることはできます。消費者金融でのカードローン、キャッシングはアルバイトでも収入を得ている方なら融資OKとしているので、審査の申し込みは可能です。

 

ちなみに収入がない方は借りることはできないので、何もしていないという場合はまずアルバイトから始めてみてください。

 

バイトをしていてもころころ変えているようでは審査が難しくなるので、同じバイト先で最低でも半年間は勤務していることが大切です。

 

また、この時に学生キャッシングというサービスを利用して借りるのがおすすめです。文字通り学生向けのキャッシングなので、通常のキャッシングとは審査基準が違うという特徴があります。

 

お金借りるには原則として20歳以上としていますが、学生向けキャッシングなら18歳から融資を受けることもできます。ただ未成年の場合は保護者の同意書が必要になり、親に内緒で申し込むことはできないので注意しましょう。

 

お金借りることができたら、返済計画を大事にしてください。

 

審査なしのところはあるのでしょうか?


審査なしでお金を借りれたらそれに越したことはありませんが、残念ながらお金借りるときには必ず審査が必要です。

 

インターネット検索をしてみると中には審査なしで借りられるところもあるようですが、それは闇金なので注意してください。

 

そもそも何故お金借りるときに審査が必要なのかというと、業者は返済ありきでお金を貸すのであって、返済能力がないと判断し得るリスクの高い客には初めから融資をしたがらないからです。

 

もしもあなたが他人にお金を貸すときに、無職や収入が不安定な人に貸せますか?普通に考えたらお金が戻ってくるか不安でためらわれるでしょう。

 

そこで、年齢、収入、職種、雇用年数、他社からの借り入れなどを総合的にみて返済能力を判断します。

 

審査なしでお金借りることはあり得ませんが各業者で審査の基準は変わるので、あなたの条件次第では融資をしてくれる業者があるかもしれません。

 

消費者金融のウェブサイトには、いくつかの項目を入力することで借入の診断をしてくれるサービスを提供してくれている場合があるので、そういったものを利用してみてはいかがでしょうか?

 

お金借りる理由にはどのようなものがあるでしょうか?


お金借りる理由は人それぞれありますが、そんなに大袈裟な理由もなく借りている場面が多くあります。

 

中には借りなくても済む程度でもお金借りている事も。例えば、週末ちょっと旅行に出掛けるなどして航空券を買う場合、現金でも支払えますがクレジットカードを使うとなにかと便利です。このクレジットカードも借金のひとつですね。

 

他には一緒に行く友人にお願いして先に払ってもらう場合もあるでしょう。後で返すね、と気軽にお金借りているわけです。あまり罪悪感を感じることなく借りてしまう方法ですね。

 

また、急にまとまった現金が必要になることもあるでしょう。交通事故とか病気になってしまった場合です。

 

事故は自分に対してもそうですが、相手に怪我を負わせた場合もすぐに現金が必要です。示談金が必要になるかもしれません。

 

病気だっていつ何時降りかかるか分かりません。そのような急な出費がお金借りる理由となる事があります。

 

それ以外にも、ただ単に生活の足しに借りる人もいますし、キャッシングやカードローンの返済という理由でさらに借りる人もいます。

 

普段なにげなく生活していても様々な理由でお金が必要になることがあります。

 

お金借りるときの良い言い訳はありますか?


お金借りる時に言い訳がないと借りにくいですよね。お金借りる相手が誰かによって言い訳を使い分けると借りやすいです。

 

その時、普段からお金にだらしがないような印象を与えてしまっていると気持ちよくお金借りることが出来ないので、急な用事でお金が必要になってしまったから仕方がないような方向に誘導するとやりやすいです。

 

そのためにも前もって言い訳を用意しておくと便利です。例えば冠婚葬祭です。身内が亡くなってお葬式が必要とか、お墓を用意してなかったなどといった理由です。

 

また、学費が必要になったという言い訳もあります。英会話教室に通いたいがまずは一括払いしなくてはならない、というシステムの学校も多くあるため説得に使えます。

 

あとは親しい友人がお金が必要らしく助けたいといった場合もあります。これだと何故必要なのか詳細を聞かれなくて済むという利点があります。

 

後々ボロが出るといけませんのでそのシチュエーションをしっかり想定して、借りるお相手に不信に思われないように物語を作っておくといいですね。

 

ただ、あまり嘘をつくのはいい事ではないので、お金を借りるときは本当の理由を可能な限り伝えて無理のない範囲で借りるようにしましょう。

 

お金借りるときに、友達にお願いする際に気をつけることは?


お金が必要な時に、銀行や消費者金融など利用すれば、周囲に迷惑を掛けず借りることができますが、借りるためには一定の信用力が必要で、審査や手続きが面倒です。一方友達など個人からお金借りるのは、もっとも手っ取り早い方法といえます。

 

しかし、お金の貸し借りは時に人間関係を壊してしまうため気をつける必要があります。

 

友達から借りる際には、第一に誠実であることが重要です。横柄な態度や不信感を抱かせるような行動はそもそもお金を貸してくれません。

 

また借りる場合には必ず返済することです。友達も厚意でお金を貸してくれているわけで、返済の目処があれば真っ先に返す必要があります。

 

口約束の貸し借りであれば金利はないようなものですが、借りたお金に色を付けて返済するのが礼儀です。

 

また色を付けないにしても貸してくれた厚意に応える必要があります。また高額な金額になる場合には借用書を書くことも大切です。

 

執筆者:たかし